「ルーチン化」、できつつありますか?

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

朝と夜は肌寒いのに、日中は少し暑くて・・・、

服装に迷ってしまう日が続きますね。

 

アップル社の共同設立者の故スティーブ・ジョブスさんや、

アメリカ合衆国第44代オバマ大統領は、

仕事に専念するため、他のことに頭を使わないように

固定した服しか着なかったと言われています。

 

私服よりも、制服の方が楽だった・・・。

 

そういう経験ありませんか?

 

物事をルーチン化(習慣化)すること・・・。

 

初めての仕事するときは、わからないことだらけで、

ミスをしないようにと、不安と緊張で頭をフル回転させて、

仕事をし終えて、帰宅したら、ヘトヘト・・・・。

 

最初のころは、いろいろ覚えないと

いけないことだらけですよね?

 

「脳」は「マルチタスク」(同時に複数のことを処理すること)が苦手です。

パソコンやスマホで、複数のソフトやアプリを起ち上げると、

フリーズしてしまったり、処理速度が遅くなって、

イライラしたことありませんか?

 

「脳」でも同じようなことが、起こります。

初めてのことをするときには、

一つ一つの仕事の手順を同時に覚えるのが

一つ一つのソフトやアプリを同時に起ち上げるのと

同じで、「脳」はフル回転します。

 

それが、仕事に慣れて、やり方がわかってくると、

特段に頭を使わずに、「条件反射」のように、身体が動く。

「脳」を酷使せずに、楽になり、

「マルチタスク」じゃなくなる。

これが「ルーチン化」です。

 

人間が新しい物事を習慣にするには、

3~4週間かかるといわれています。

 

平成30年4月から新しい会社や学校に入った方も

いらっしゃると思うのですが、

最近、慣れてきたなと感じることがありませんか?

 

「習慣化」

 

人間はこのような形で、昔から現在に至るまで

「変化」に「適応」してきました。

 

しかし、脳の「マルチタスク」状態が過剰となった場合は、

「適応」する前に、脳が「疲弊」します。

 

「脳」は疲れてくると、

倦怠感、頭痛、食欲不振、気分の落ち込み、不眠、過眠などの

症状を出現させ、

「脳」を休めるよう、私たちに知らせてくれます。

 

そのときは、あまり無理をせず、

「脳が疲れているんだな」と受け入れてみてください。

そして、上司や先輩、同僚に相談して、

仕事量を減らしたり、ペースを落とすなどして、

「脳」を休めてみてください。

 

そうすると、

症状は軽減していくと思います。

 

 

二日市にしこころの診療所もおかげさまで、

開院して無事1ヵ月過ぎました。

ありがとうございます。

感謝です。

 

私も、スタッフもボチボチと慣れてきたかな?

という感じで、なんとか、

「ルーチン化」、できつつあるようです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

4月の終わりに、西 理事長らと

「開院1ヶ月お疲れ会」を開き、

焼き鳥を食べました。

 

レバーをレアで焼いて提供されたのですが、

美味しくて、皆で「おかわり」をして、

酷使した「脳」を癒してきました(笑)

 

「美味しい」ひと時でした。

 

2018年05月16日