仮眠の勧め。寝不足を乗り切っていきましょう!

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

梅雨の時期になりましたね。

2018年の九州北部の梅雨明け時期は
7月12日頃から7月26日頃と予想されているようです。

 

農業においては、雨は恵みでありますが、

低気圧の影響で、身体のけだるさなどでてくることも

多い時期ですので、体調面は気を付けてお過ごしください。

 

2018年 ワールドカップ ロシア大会(サッカー)が始まり、

睡眠不足な日々になっておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

徹夜などの不眠が続くと、脳は休息を確保するために、

数秒から数十秒単位の「マイクロスリープ」といわれる

短時間睡眠します。

 

徹夜した日の仕事や授業中に

急にクラっと意識を失うような体験

ありませんか?

 

実はそのときに脳は眠っている(マイクロスリープ)のです。

 

このようなときは、脳が疲れているサインをだしています。

無理に仕事を続けても、作業能率は落ちていきます。

 

こういう時は、やはり脳を休める(睡眠)ことが

重要ですが、仕事や授業中に、まとまって睡眠をとることは

難しいですよね・・・・。

 

そのようなときは、15分程度の仮眠でも

脳を休ませることができます。

目をつぶるだけでも、目から入る情報を遮断できるので

脳は休まります。

 

ほんの少しの仮眠をこまめに取りながら、

ワールドサッカー(寝不足)を乗り切っていきましょう!

 

 

 

 

 

2018年06月27日