気象病

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

雨がだんだん激しくなってきていますね。

 

平成30年6月3日の昼目より

台風7号が九州北部に近づいていますね。

大雨、暴風になる恐れがあるようですので、

皆さん、外出の際は、お気を付けください。

 

急激な気圧の変化で、

頭痛、首の痛み、関節痛、神経痛、古傷の痛みなどの痛みの他に

めまい、耳鳴り、気管支喘息、抑うつ気分、不安感などの症状が

出現したり、増悪することがあります。

 

天気と体調には、関連していることがわかっており、

「気象病」と呼ばれています。

 

実は、僕も、ここ最近、首から肩までのが痛かったり、

頭の重い症状が続いて、悩まされています(汗)。

 

愛知医科大学病院の痛みセンターでは気象病外来/天気痛外来というものがあり、

気象病専門の先生が診療されておられます。

 

専門の先生がおられるくらい、気象病に悩まられる方は、

自分が「気象病」と認知していないだけで、

実は、たくさんおられるようです

 

気圧が変化すると、ヒトは気圧の変化を「ストレス」と感じて

その「ストレス」に対応するために、「自律神経」を活性化します。

 

自立神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。

 

「交感神経」は、身体を「興奮」させる方向に働き、

心拍数を上げたり、血管を収縮させたりします。

 

「副交感神経」は、身体を「リラックス」させる方向に働き、

心拍数を下げたり、血管を広げたりします。

 

気圧の変化に応じて、自律神経が活性化するのですが、

この「交感神経」と、「副交感神経」のバランスが乱れてしまうと、

体調を崩し、この「自律神経の乱れ」が

「気象病」の原因と考えられています。

 

特に症状が出やすい季節は、

低気圧が定期的に通過する春や秋、

梅雨や台風(秋頃)の時期といわれいます。

 

気象病の予防策としては、

基本的に自律神経を整える生活リズムが大切といわれています。

例えば、朝は同じ時間に起きて、食事もとったり、

適度な運動をしたりと、規則正しい生活が

自律神経を整えるのによいとされています。

 

また、気象病になりやすい方は、

「内耳」という聴覚や平衡覚に関与する器官が

「過敏に」なっていたり、

耳の血流が悪い傾向があるといわれており、

耳の血流を改善するマッサージをすると

予防によいともいわれています。

 

また、気圧の変化で、

自分が「体調を崩しやすい体質である。」と

認識して、体調不良に備えることも

予防効果に役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

2018年07月03日