熱中症対策

こんにちは、二日市院長の岩田です。

梅雨も明け、猛暑の日々が続いていますね。

35度を超える暑さとなるので、

熱中症にならないよう、

みなさん、水分補給を休憩をこまめに取りながら

過ごされてください。

 

熱中症はどうして起こるか?

 

暑い場所で長時間過ごしていると、

身体に熱がこもってしまいます。

 

熱がこもると、

身体は熱を外に逃がそうとして

汗をかきます。

また、皮膚の血管を拡げて

体温を下げようとします。

 

普段はこれでうまく体温調整出来ているのですが、

 

過度に熱がこもりすぎると

多量の汗に加えて、

末梢の血管に血液が流れ過ぎて

全身を巡る血液の量が減ってしまい

その結果、血圧が下がったり、

脳への血流が減少してしまいます。

 

その結果、めまいや立ち眩み

場合によっては失神(一過性)などの

症状が起こってきます。

 

また、全身の倦怠感、吐き気・嘔吐、頭痛などの

症状も出てくる場合があります。

 

 

特にご高齢の方は暑さに気づきにくかったり、

子供の方は体温調整機能が十分でないことが多く、

注意が必要です。

 

上記の症状を認めた場合は、

 

①早急に、安全で涼しい場所に移動しましょう。

 

症状が悪化しないよう移動しましょう。

意識がもうろうとしている場合は

迷わず助けを呼びましょう。

 

②血圧を保つ体勢にしましょう。

 

横になって足を少し高くして

心臓に血流が戻ってくるようにしましょう。

 

③身体を冷やしましょう。

 

保冷剤やペットボトルなどをタオルなどに巻いて

首や脇の下、足の付け根などを冷やすと効果的です。

 

④水分補給をしましょう。

 

汗も多量に出ているので、

スポーツドリンクや少し塩気のある水を作って

塩分を補給すると効果的です。

 

熱中症はニュースでも流れているように

状態によっては、死に至る場合もあります。

 

猛暑の時期なので、

身体には、気を付けながら

お過ごしください。

2018年07月18日