夏バテ(原因 編)

こんにちは。

二日市院長の岩田です。

 

暑い日が続いて、嫌になっちゃいますね(苦笑)。

夏バテになりやすい時期になりましたので、

みなさん体調にはお気を付けください。

 

「夏バテ」って、どういうことで起こるのでしょう。

「暑さ」による体調不良を総じて、

僕たちは「夏バテ」といいます。

特に医学的な定義はありません。

 

具体的な症状としては、

身体の疲労や倦怠感、食欲不振、不眠などがあります。

症状が悪化すると、無気力やイライラなどの症状を

引き起こす場合もあります。

 

「夏バテ」の原因は大きく3つ、

①室内外の温度差による自律神経の乱れ

②高温多湿による発汗の異常

③熱帯夜による睡眠不足

と考えられています。

 

①室内外の温度差による自律神経の乱れ

暑い外から、エアコンの効いた室内に入ると、

涼しく、気持ちよく感じますが、

実は体力を消耗してしまいます。

また、身体はこの急激な温度差にびっくりします。

外と内の温度差が5℃以上あると、

身体はストレスと感じ、自律神経が乱れ、

胃腸の不調や、倦怠感となり、場合によっては

食欲不振を引き起こします。

 

②高温多湿による発汗の異常

湿気が多いと、汗をかいても蒸発しにくく、

汗がでるの汗腺の出口も詰まりやすくなり、

汗を出すことが難しくなりことがあります。

そうすると、体温調節がうまくいかなくなります。

また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、

身体の水分や塩分などミネラル分が不足気味になります。

 

③熱帯夜による睡眠不足

「暑さ」により、寝つきが悪くなったり、

眠りが浅くなって睡眠不足になることがあります。

日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まってしまいます。

 

次回は、夏バテの対処、予防について考えていきたいと思います。

2018年07月25日