人との距離感

こんにちは。

二日市院長の岩田です。

 

大分涼しくなり、

クーラーがなくても過ごせるようになりましたね。

 

今回は、人との距離感について

考えていきたいと思います。

 

人との距離感でをテーマにした寓話で

「ヤマアラシのジレンマ」というお話があります。

 

ドイツの哲学者ショーペンハウエルが考えた、ヤマアラシの寓話を

精神分析家のべラックが、人との距離感に焦点を当て、

「ヤマアラシのジレンマ」と名付けたといわれいます。

 

寓話の内容としては、

 

寒い夜に、ヤマアラシが寄り添って温まろうとしたところ、

トゲでお互いを傷つけてしまい、試行錯誤しながら、

お互いがトゲで傷つかない距離をみつけたという話です。

 

 

「ジレンマ」とは「板ばさみ」の状態です。

寄り添って暖を取りたいが、近づくとトゲが刺さって傷ついてしまう・・・。

 

これを、家族や友達、恋人、職場での対人関係に当てはめると、

関係を良好にして距離を縮めたいが、距離が近いと相手の嫌な部分もみえて、お互いが傷ついてしまう・・・。

 

傷つくことを恐れて、自分の気持ちを相手に伝えられず、

相手との距離がどんどん遠のいていく場合もあるでしょう。

 

反対に、自分の想いや要求ばかり伝えると、相手も反応して、

傷つけ合うことになり、距離が離れる場合もあります。

 

 

適度な距離を探るためには、試行錯誤する必要があります。

一時的にお互いが「傷つくこと」で相手や自分の特性がみえてきて、

お互いの適度な距離がわかり、心地よい距離で過ごせるようになる場合もあります。

 

適度な距離感・・・・

わかっちゃいるけど・・・

本当に難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年09月19日