法事の回数の意味

下大利ブログの続きですw

 

 

法事回数の意味ですが

どうやらきちんと意味があるそうですw

 

1周忌は・・・

なんとく1年経過したからなんだろうな

とか意味はわかっていました!

 

そのほかの

3回忌・7回忌・・・

全て3・7の時にして

三十三回忌を行い

最後が50で終わりだそうです。

 

なぜ3・7なのかというと・・・・・・

うろ覚えなのであってるかわかりませんが・・・w

 

『3』は2を超えるようにという意味らしいです

2文字で表せる漢字は『勝負』『生死』など正反対の考えや

偏った考えがあるみたいでそこから離れるためだそうです。

 

『7』は六道(人間界・地獄など)と言う世界があり

それを免れて7つめの世界を目指すようにとの意味だそうです。

 

 

ついでに

初七日・四十九日について調べましたw

 

死後七日ごとにエンマ大王から裁きを受けて7回目で死後の行き先が決まるそうです。

なので以前は死後七日ごとに供養していたらしいですw

 

ひとつ大人になった気がしましたw

 

 

2018年10月10日