コンフォートゾーン

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

今日の朝は濃霧がすごかったですね。

電車も濃霧で遅延しているようです。

 

今日は「コンフォートゾーン」について

考えていきたいと思います。

 

「コンフォートゾーン」は、直訳すると、

「快適な領域」です。

 

不安やストレスの少なく、

安心して行動できる範囲が、

「コンフォートゾーン」です。

 

慣れている、いつもの生活が

コンフォートゾーンともいえます。

 

人は大抵の場合、

コンフォートゾーンの中で

生活をしています。

 

しかし、生きていると、

進学、受験、恋愛、仕事、結婚、引っ越し、出産など

いろいろな出来事や環境の変化があり、

いつもの慣れた生活リズム、

コンフォートゾーンが乱れてしまうと

不安を感じます。

 

適度なストレス(自分で対処できる不安)は

自分自身の成長や能力などのパフォーマンスを上げるといわれます。

 

しかし、強いストレス(自分では対処が難しい不安)は、

行動範囲がせまくなります。

 

具体的には、

外に出ることが、おっくうになったり

しんどくなったりなどです。

 

対応としては、

不安を対処できるレベルしていくことです。

 

 

具体的には、自分の感じている不安を、

①書いたり、日記をつけるなど「見える化」して

状況を整理する。

②人と相談して、状況の整理、助言、勇気づけしてもらう。

③一人で抱えずに、周囲に協力を求める。

 

など、上記のような取り組みを繰り返し行い、

大丈夫と言い聞かせながら、自信を高めて、

対応できる不安レベルにしていく

作業をしていくとよいと思います。

 

例えば、自動車学校で、

最初は車に乗ることに不安を感じていたと思います。

教官の指導を受けながら、車を動かしていくうちに

対応できる不安になって、

車を自由に動かせる状況(コンフォートゾーン)

になっていった体験をされた方も多いと思います。

 

しかし、先行きのみえない、不確かな不安を

強く感じる場合、人は、

パニック(混乱)状態になることもあります。

 

そのような状況になると、

なかなか上記のような対応自体が

難しくなる場合があるので、

そのようなときは、

専門機関を受診し、

薬の力も借りながら、

対応できる不安レベルにしていくことが

コンフォートゾーンに戻る

きっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

2018年10月24日