二日市 にしこころの診療所 BLOG
防火管理者講習にいってみました。

こんにちは受付稲垣です。

 

ひょんな事から【防火管理者講習】を受講することになってしまい、春日消防署に行ってきました。

 

この講習、朝から夕方まで、ほぼ丸一日、2日間もあります。汗

お昼ご飯も持参しなければなりません。正直な話…すっごく行きたくなかったです。

しかも一日目の注意事項に

【長袖・長ズボン・スニーカーなどの動きやすい格好でおこしください。】と記載があるんです。

何をさせられるんだ!!??????

…まぁ、消火器の使い方くらいかな?と簡単に考えていましたが、実際は想像するより少しだけハードな実地訓練でした。

 

座学はまぁ想像通りの講習だったので、割愛します。

 

実地訓練の内容を一部紹介させていただきます。

1班10人ずつくらいに分かれて参加します。

 

◆巨大扇風機の前に立って台風体験

バラエティー番組でよく見るような巨大扇風機の前に立って台風体験をしました。

聞いただけだとおもしろそうだと思われるかもしれませんが、ひとりで講習に参加したので、「すごい風だったね~」と感想を言える人もいないので、

一人静かに、強風を受ける…シュールです。無言でひたすら強風を受けます。

消防の方は「もっと前に来てください」と言われますが、なるべく強風の影響が無さそうな壁に張り付くのが精一杯です。…早く強風終わってくれー!

 

きっと知り合い数人と参加すれば多少は楽しかったかもしれません。

 

◆模擬煙を使っての避難訓練

模擬煙を使って、避難誘導灯を見ながらゴールの避難口まで行く体験です。

前は全くと言っていいほど見えません。体制を低くして進みましょうと言われるので指示通りしゃがんで歩きます。

通路は短いのですぐに外へは出れます。

使用している煙は人畜無害ですとの説明を受けますが…………めっちゃホコリ臭いんですけど本当に大丈夫ですか?(共有できる人がいないので、心の声です)

こういうの信用できない人間なんです。

 

◆消火栓の使い方訓練

外へ出て、消火栓の使い方の訓練です。

消防の方に「しっかり構えてください」と言われたのでしっかり構えたつもりですが、水圧がすごすぎて後ろに倒れそうになりました。

女性一人での消火ノズルの仕様は難しいですね。女性なら複数人で体を支えながらでないとできないと感じました。水しぶきがすごくてちょっと服が濡れたんですけど…(心の声です)

 

その他にも、スプリンクラーの見学や、定番の消火器の使い方などを学びました。

 

 

最後に一番怖かった訓練を紹介したいと思います。

 

◆救助袋で下の階まで降りる訓練

救助袋の存在をそもそも知らなかったので、見たときは意味が分かりませんでした。

救助袋ってこんなのなんです。↓↓

 

今の救助器具はこの救助袋が主流らしいですよ。

今回実習を行ったのは1つ下の階までの距離なので、写真よりも短い距離なのですが、

初めて見て、仕組みが分からないので、恐怖しかありません。

消防の方が最初にお手本を見せてくれるのですが、透明ではないので中がそうやって降りているのかなんてわりません。

手足を広げながらゆっくり降りてくださいと言われても…えええ???

 

…これって…垂直落下袋ですか?降りたら骨折するやつじゃないですか?(心の声です)

 

全員するの?しれっとやらないでやり過ごそうと思っていたんですが、70代くらいのおじいちゃんもやっていたので、

逃げられないと心に決めました。

 

私の順番です…縦型の筒に向かうまでの1mくらいの横道が一番怖かったです。

縦型の筒に入ってみて、中の構造が分かれば恐怖心も薄れました…ほんの少しだけ。

筒の中はこんな構造になっています。↓↓↓

 

何とか2日間終わってほっとしています。

 

 

おわり。

 

2018年11月05日