久しぶりに

こんにちは、スタッフ淀水です。

 

コロナで自粛自粛が続いて、中々外出できない日が続いていますね。

これを機に積読本を読んでしまおうと思い、先日の休みに久しぶりに小説を読んでみました。

手始めに読んだのは、今年のこのミステリーがすごいや本屋大賞にノミネートされた『medium霊媒探偵城塚翡翠』(著:相沢沙呼)です。とりあえず今年の流行りから…。

このミス!とか本屋大賞!とか帯に書いてあると買ってしまうんですよね。そして積んでしまうんです(´;ω;`)

正直、最初は万能鑑定士Qとか、QEDみたいな話で、シリーズ化でもするんかなって思ってたんですけど、湊かなえばりのイヤミスでした。いや個人的には超えてるかも。

最期まで予想を裏切るような展開ですんごい面白かったんですけど、ですけど、もう本当に読後にため息しか出なかったです。イヤミス的には大当たりなんですけど。

 

仕事を始めて、真っ先に見れなくなったのがイヤミスです。

実生活のストレスが原因なんでしょうか。大きなストレスはないはずなんですが…w

昔は湊かなえも手当たり次第に読んでたのに……(´;ω;`)多分もう読めないです。

ミステリはネタバレが嫌でレビューを見ずに読む事が多いので、イヤミスはイヤミスです!って帯に書いていてほしいです。

 

ちょっと気分がへこんでしまったお休みでした。

さすがにと思って積読本のタイトルを調べたらイヤミスがまだ紛れてたので、さっさと読んでしまおうと思います。

2020年04月25日