二日市 にしこころの診療所 BLOG
「ルーチン化」、できつつありますか?

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

朝と夜は肌寒いのに、日中は少し暑くて・・・、

服装に迷ってしまう日が続きますね。

 

アップル社の共同設立者の故スティーブ・ジョブスさんや、

アメリカ合衆国第44代オバマ大統領は、

仕事に専念するため、他のことに頭を使わないように

固定した服しか着なかったと言われています。

 

私服よりも、制服の方が楽だった・・・。

 

そういう経験ありませんか?

 

物事をルーチン化(習慣化)すること・・・。

 

初めての仕事するときは、わからないことだらけで、

ミスをしないようにと、不安と緊張で頭をフル回転させて、

仕事をし終えて、帰宅したら、ヘトヘト・・・・。

 

最初のころは、いろいろ覚えないと

いけないことだらけですよね?

 

「脳」は「マルチタスク」(同時に複数のことを処理すること)が苦手です。

パソコンやスマホで、複数のソフトやアプリを起ち上げると、

フリーズしてしまったり、処理速度が遅くなって、

イライラしたことありませんか?

 

「脳」でも同じようなことが、起こります。

初めてのことをするときには、

一つ一つの仕事の手順を同時に覚えるのが

一つ一つのソフトやアプリを同時に起ち上げるのと

同じで、「脳」はフル回転します。

 

それが、仕事に慣れて、やり方がわかってくると、

特段に頭を使わずに、「条件反射」のように、身体が動く。

「脳」を酷使せずに、楽になり、

「マルチタスク」じゃなくなる。

これが「ルーチン化」です。

 

人間が新しい物事を習慣にするには、

3~4週間かかるといわれています。

 

平成30年4月から新しい会社や学校に入った方も

いらっしゃると思うのですが、

最近、慣れてきたなと感じることがありませんか?

 

「習慣化」

 

人間はこのような形で、昔から現在に至るまで

「変化」に「適応」してきました。

 

しかし、脳の「マルチタスク」状態が過剰となった場合は、

「適応」する前に、脳が「疲弊」します。

 

「脳」は疲れてくると、

倦怠感、頭痛、食欲不振、気分の落ち込み、不眠、過眠などの

症状を出現させ、

「脳」を休めるよう、私たちに知らせてくれます。

 

そのときは、あまり無理をせず、

「脳が疲れているんだな」と受け入れてみてください。

そして、上司や先輩、同僚に相談して、

仕事量を減らしたり、ペースを落とすなどして、

「脳」を休めてみてください。

 

そうすると、

症状は軽減していくと思います。

 

 

二日市にしこころの診療所もおかげさまで、

開院して無事1ヵ月過ぎました。

ありがとうございます。

感謝です。

 

私も、スタッフもボチボチと慣れてきたかな?

という感じで、なんとか、

「ルーチン化」、できつつあるようです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

4月の終わりに、西 理事長らと

「開院1ヶ月お疲れ会」を開き、

焼き鳥を食べました。

 

レバーをレアで焼いて提供されたのですが、

美味しくて、皆で「おかわり」をして、

酷使した「脳」を癒してきました(笑)

 

「美味しい」ひと時でした。

 

2018年05月16日
GW♪

 

 

こんにちはスタッフ高木です

 

今年のGWは1.2日休みの方は9連休でしたね~長い!!

 

4月の終わりの連休に海の中道に行ってきました(^^)/

 

テレビで茨城県の国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑を見て

見に行きたい!!でも遠い・・

福岡でネモフィラ畑を見れるところを探すと

海の中道にありました♪

 

 

 

見頃でとっても綺麗でした

いつか茨城県のネモフィラ畑も見てみたいです☺

 

 

2018年05月15日
遭遇!

スタッフ野口です

 

GWも終わって次の連休はいつかなと

考えてしまっている今日この頃ですw

 

 

話は戻ってGW中の出来事です!

にしこころの診療所のブログにも出てきている

『パークダイナー』に行ってきました♪

 

聞いていた通り美味しかったのですが・・・

とある人物に遭遇しましたw

 

店内で映画が流れているのですが

身を乗り出して真剣に見ている男性がいました!

その人をよく見てみるとなんと・・・・

西先生ww

 

出先で西先生と遭遇することはいままで何回もありました!

ですが今回は状況が違い僕の両親と一緒にいるときに遭遇ですw

とりあえず両親を連れて挨拶をしました!!

 

恥ずかしいやらどうしていいかわからないやらで

変に緊張してなにを話したのかよく覚えてませんww

 

いつか西先生の弟さんにも会わせてもらおうと思います!!

2018年05月10日
少し、嫌われてみませんか?(後編)

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

肌寒い天気が続きますね。

風邪をひきやすい状況ですので、

身体が冷えないように

体温調整にお気を付けください。

 

さて、今回は前回の続きです。

 

2013年に「嫌われる勇気」という、対話形式で

アドラー心理学の概念を解説した書籍がベストセラーになったことを

覚えている方もいらっしゃると思います。

 

「嫌われる勇気」。

なんとなくわかるけど・・・、難しいですよね・・・・。

「周囲から嫌われてもいいや!」って、

思えるようになるにはどうしたらいいですかね?

 

子育て関連の書籍を読んでいると、

文化的、国民性からか、日本人は、

幼少の頃より、「周囲に迷惑をかけてはいけない」と

教え、育てられる傾向が強いようです。

 

ベネッセコーポレーションが

日本、韓国、中国、台湾の母親の行った、

「子どもの期待する将来像」という調査で

「人に迷惑をかけない人になってもらいたい」

と答えた割合は、日本71%、

韓国24.7%、中国4.9%、台湾25%

という結果でした。

 

また、財団法人日本青少年研究所が、

日本、韓国、中国、アメリカの高校生を

対象に意識調査を行ったところ、

「私は価値のある人間である」という質問に

「はい」と答えた割合は、

日本人7.5%、韓国20.2%、

中国42.2%、アメリカ57.2%

という結果でした。

 

日本的な子育て環境も影響してか、

他の国々の方と比べて

日本人は「自己肯定感」が低い傾向にあるようです。

 

「自己肯定感」とは、簡単に言うと、

「自分のことが好き!」と想える感情です。

 

「会社、学校、友達や家族に迷惑をかける」と気遣い「過ぎて」、

また、「自分はダメだ!」と想い「過ぎて」、

「人に頼れない・相談できない」状況になっていませんか?

 

「他の人はできているのに、なんでできないんだろう。」

↓(自己肯定感の低下)

「人に頼る・相談すると、周囲に迷惑をかける。」

「迷惑をかけると、人に嫌われる。」

「人に頼れない・相談できない。」

「自分で抱え込む」

その結果、時に周囲に迷惑をかけたり、叱られる。

↓(自己肯定感の低下)

「自分はダメな人間だ!」

「(周囲に)申し訳ない!」

「(こんな自分が)人に頼ったり、相談していいわけない!」

「独り」で抱え込む・・・。

 

この悪循環の中で、気分の落ち込み、意欲の低下、

食欲不振、頭痛、吐き気、腹痛などの「うつ」症状が出てきて、

心療内科や精神科を受診される方が増えてきているように感じます。

 

もし、この悪循環に陥る、一歩手前の、「人に頼る」「相談する」ことができていたら・・・。

一時的に、嫌みを言われたり、迷惑がかかる事があるかもしれません。

一方で、頼ったり、相談することで、周囲は喜んで助けてくれることだってあります。

「うつ」になって受診するくらいなら・・・。

 

少し、嫌われてみませんか?

2018年05月09日
勝手にいちごWeek♪

こんにちは受付稲垣です

 

思い返せば毎年この時期はいちご連休になっていることに気づきました。

毎年いちごの時期は鼻息が荒くなります 笑

 

ということで、今年も勝手にいちごWeeKしたのでご紹介したいと思います。

 

 

まずはコストコのあまおうソフトです

↓↓個人的にはイマイチでした。ミニストップの【完熟あまおう苺ソフト】のほうが好きでした

 

スターバックスの【ストロベリーベリーマッチフラぺチーノ】です。

売り切れ続出で、今シーズンは飲めないかと思っていましたが、何とかゲットできました。

しかし…期待が大きすぎたのか…これも個人的にはイマイチでした。 スタバさん…甘すぎます。

 

絶対に教えたくない(本当に教えません。)…いちごを購入するところ(もはや仕入れです)で大量購入します。

場所は絶対に教えませんが、ここで購入するのが間違いなく美味しくてリーズナブルです。

でも形は不ぞろいです。

これでもかと言うほど、いちごを食べます。

やっぱりそのままのいちごが一番おいしいです。

 

以上、勝手にいちごweekのご報告でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2018年05月05日
少し、嫌われてみませんか?(前編)

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

雨が続いていますね。

今日は、予想以上に道路が混み合い、

遅刻すると思い、焦って運転してしまいました。

 

ただ、焦ったところで、渋滞が解消するわけでもなく・・・、

イライラして、注意力や集中力も低下して

運転中、ヒヤリとする場面もありました。

 

結局、電車を1本乗り損ねてしまい、

5分遅れて、出勤してしまいました。

 

焦ったところで、結果は変わらないし、

逆に、ミスが増えて、

ますます、状況が悪くなる・・・。

 

こういう経験って、ありませんか?

 

「周りに迷惑をかける」「自分の評価が下がる」など、

「他人への意識」が強くなると、

人は不安になり、焦って、イライラしたり、

時には頭が真っ白になって、パニックになることもあります。

 

「和を以て貴しとなす」

 

聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉です。

何事をやるにも、みんなで仲良くやり、

いさかいを起こさないことが良いという意味で、

日本人の国民性や文化を象徴する言葉の一つだと思います。

 

2018年4月22日、仙台市で、

フィギュアスケート羽生結弦選手の

「2連覇おめでとう」パレードが開催されました。

パレードは盛大に行われ、ニュースでも流れたので

覚えていらっる方も多いと思います。

その際、パレードに参加された方々の「マナー」

が話題になり、特に海外のメディアから高く評価されました。

大勢の方が集まったのにも関わらず、

「ゴミがほとんど出なかった」とのことです。

 

これは、日本人の「強み」だと思います。

 

反面、「弱み」としては、

会議や発表の場で、周囲や目上の方のことを考え、

自分の考えや想いがあっても、「和」を乱してはいけないと

自分の発言や気持ちを控える傾向があるように感じます。

 

自分の想いを「グッ!」とこらえて、

その場をやり過ごすこと、日常的にありませんか?

 

このようなことが、積み重なると、

「こころ」が疲弊し、

「脳」や「身体」に症状が出てきてしまいます。

 

「こころ」が疲弊しない、対応のひとつに、

抑えた「気持ち」をいい形で「解放」

してあげることが挙げられます。

 

「相手を気遣う」のは勿論、必要ですが、

「自分に気遣う」のは、もっと大事です。

 

この、自分と他人のバランス感覚、

難しいですよね。

でも、このバランス感覚が身につくと、

「こころ」は、楽になります。

 

じゃあ、このバランス感覚を養うには

どうしたらいいのか?

 

正直、その人の特性や価値観によって

やり方は異なってくるでしょうし、

一概には言えません。

難しい課題です。

 

このバランス感覚を養う、一つの取り組みとして、

「ほんの少し、『嫌われる勇気』をもってみませんか?」

と、患者さんに提案させていただくことがあります。

 

 

(後編に続く)

2018年05月02日
お互いに補い合えば?

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

ここ2-3日雨が続き、肌寒いですね。

雨の日は、気圧の変化で、体調に影響し、

時に頭が重く感じることがありますが、

いかがですか?

 

雨など気圧の変化に伴う頭痛などに、

効果があるといわれいる漢方で

「五苓散」というものがあります。

体内の水のバランスを整える作用があるといわれ、

浮腫みやめまいに対しても、用いられることがあります。

 

漢方は心療内科、精神科の分野でも、

ストレスからくる身体症状の軽減目的で

用いることがあります。

 

西洋医学に基づく薬は、一般論として、

ある一部の症状・疾患に特化して効果的です。

 

反対に、東洋医学に基づく薬、漢方などは、

これも一般論としてですが、いろいろな生薬が調合され、

総合的に作用して、症状を軽減することに役立ちます。

 

医学部では、主に西洋医学を学びますが、

最近の医学部では、漢方など東洋医学が見直され、

講義などで東洋医学や漢方の考え方や用い方を学ぶ機会が

増えてきているようです。

 

西洋医学と東洋医学。

考え方は異なりますが、相対するものではありません。

お互いの「強み」を引き出しつつ、

足りない部分を、もう一方が補い、補完していくと、

相乗効果で、よりいっそうの症状の軽減や治療が期待できます。

 

この、補完しあう相乗効果って、

別に薬だけの話ではないですよね。

 

職場や仕事上でも、

一人一人、「強み」と「弱み」があり、

価値観も、やり方も十人十色です。

 

もちろん、混乱や不備が起きないように、

一定のルールや手順は必要ですが、

仕事でも、自分の「強み」を活かしつつ、

「弱み」については、他の誰かに頼って、補っていくと、

よりよい仕事、充実感や達成感を味わえるかもしれませんね。

 

一人で抱え込まずに、自分の「弱み」を受け入れ、人に頼って、

協力し、お互いの「強み」を引き出し、伸ばしていく。

 

わかっちゃいるけど・・・、なかなか難しいことですよね。

 

当院にも、一人でいろいろな悩みを抱え込み、

受診される方が、たくさんおられます。

 

具体的な解決に繋がらないかもしれません。

でも、勇気をだして、人に相談してみると、

「こころ」は、すごく楽になります。

 

下手すると、薬や、診療所はいらなくなるかもしれません(笑)。

 

大丈夫です。

 

たくさん人に頼って、

お互いに補い合って、

活かされ合いましょう!!

2018年04月25日
みんなの支え合い

おはようございます。

二日市院長の岩田です。

 

春の季節なのに、寒暖の差が激しい日が続いていますね。

調子を崩しやすい気候ですので、

体調管理には、お気をつけください。

 

先週、のぞえ総合心療病院に勤務していた時に、

主治医をしていた患者さんが

何人か、当院に受診されました。

 

転院の理由は、当院の方が近いなど、人さまざまですが、

なかには、わざわざ遠方から

岩田に会いに来てくださる方もいらっしゃいます。

 

その方は、症状自体は落ち着いておられ、

あまりにも遠方の為

経済的、距離的なご負担を考えると

当院までわざわざ受診するメリットは

あまりありません

 

そのため、申し訳ないという想いもあり、

のぞえ総合心療病院勤務していた頃も

その旨を伝え、近医への紹介状を提案させていただいていました。

 

それでも、その方は、「病院」よりも「人」を重視され、

先日、当院を受診され、岩田の診察を希望されました。

 

来ていただいたときには、

申し訳ない気持ちもありましたが、

やはり、うれしさと、感謝の気持ちがいっぱいになり、

雑談も交えながら、温かいひと時を、

ご家族さまも交えて、一緒に過ごさせていただきました。

 

 

「みんなの支え合い」で、世の中、

成り立っているんだなあ、と

しみじみ感じた、ひと時でした。

 

ありがとうございます。

感謝です。

2018年04月18日
はじめまして、二日市院長の岩田です。

おはようございます。

 

平成30年4月3日付で、二日市にしこころの診療所 院長となりました岩田です。

 

 

桜の時期も終わり、暖かくなってきたかと思っていたら、

また、寒くなりましたね。

 

急な温度や気圧の変化で体調を崩すことがよくありますので、

皆さん、お身体にはお気をつけください。

 

二日市にしこころの診療所が開院し、1週間ほど経ちましたが、

おかげさまで、当院にはじめて来院される患者さんや

下大利本院から二日市分院に転院される患者さんに支えられ、

少しずつ歩ませていただいています。

ありがとうございます。

 

スタッフ一同、患者さんに寄り添った医療を提供できるように

取り組んでいきますので、よろしくお願いします。

2018年04月11日
ゴールデンウィークの休診のお知らせ

4/29(日)~30(月)は休診
5/1(火)~2(水)は通常通りの診察
5/3(木)~6(日)は休診とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

2018年04月09日