二日市 にしこころの診療所 BLOG
山旅行 ~続き~

スタッフ野口です

 

下大利のブログに書いている阿蘇の続きです!!

 

草千里を観光した後はファームランドとかいろいろ出かけたんですが・・・

なんと写真を撮るのを忘れてしまい1枚もありませんw

 

なので帰りに食べたラーメンを紹介します!(^^)!

濃厚こってり熊本ラーメンです!

【火の国 文龍】という名前のお店です♪

 

見た目から・・・て感じですw

これ・・・全部・・・油・・・ですw

 

でも正直福岡のラーメンよりも好きです!!

 

熊本へ行かれた際はぜひ行ってみてください(^^♪

2018年08月10日
夏カゼ、あるいは、咳喘息?

こんにちは二日市院長の岩田です。

 

暑さが以前よりは少し和らいだ感じはするのですが、

依然、暑いですね(苦笑)

 

夜はクーラーをつけないと、寝づらい日々が続きますね。

夏バテして、免疫力も落ちていると、

夏カゼになりやすいので注意していきたいですね。

 

といいつつ、実は、今、夏カゼを通り越して

咳喘息になっているようです(苦笑)

・・・咳がなかなか止りません・・・

診察中ご迷惑おかけします。

 

夏カゼは、よく長引くといいますが、

夏カゼの原因となるウイルスは

喉や鼻ではなく、腸にいることが多いといわれています。

また、インフルエンザウイルスのように治療薬があるわけでありません。

そのため、ウイルスが体内から出ていくのに時間を要するために

長引くといわれています。

 

あくまでも、症状を和らげるしか対処がありません。

 

ただ、2週間以上、咳のみが続く場合は、

咳喘息を疑った方が良く、

呼吸器内科を受診することをお勧めします。

 

咳喘息は、気管支喘息の一歩手前の状態といわれており

治療せずに放っておくと、3割の方が、

気管支喘息になってしまうといわれています。

気管支喘息になると、完全に治ることが難しいので

常に喘息を抑える薬を飲み続けることになるかもしれません。

 

咳喘息の場合は、ステロイド吸入など治療を行えば、

一定期間(1か月から半年程度、個人差あり)で治ることが多いです。

 

他にも、咳喘息以外の重大な疾患がかくれていることもあるので

2週間以上咳が続く場合は、呼吸器内科に受診ください。

 

 

 

 

 

 

 

2018年08月10日
夏の鴨しゃぶ♪ 淀水二行さんに連れて行ってもらいました♪

こんにちは受付稲垣です。

 

前回は、鴨しゃぶがおいしい冬に連れて行ってもらいましたが、今回は夏鴨しゃぶににつれていってもらいました~♪

淀水二行】さんです♪

 

猛暑の中しゃぶしゃぶですが、店内は快適な温度になっていて、違和感なく食べれました。

安定の美味しさです。特にお出汁がお気に入りです。

 

 

今回のコースに入っていた、【溶岩焼き↓】鴨の焼肉みたいなやつです。

これ↑めっちゃおいしかったです。うまく説明できないんですが、とにかく、びっくりするくらいおいしかったです。

 

 

鴨のお刺身?↓これもすっごくおいしかったです。

すごく貴重な【鴨】を使用しているそうで…

スミマセンお店の方に説明受けたんですが、【貴重な鴨】ということ以外は…忘れました。

でも、他の言葉が頭に入らなくなるくらいおいしかったんです。→花より団子→説明より鴨 でした。

 

 

貴重な鴨について気になる方は来店時お店の方に聞いてみてください。

 

ごちそうさまでした~♪

2018年08月05日
夏バテ(対処・予防 編)

こんにちは、二日市院長の岩田です。

台風が去った後は少し涼しくなりましたね。

8月からはまた暑くなるということですので

体調管理には気を付けられてください。

 

 

僕は「夏カゼ(あるいは、咳喘息?)」になってしまったみたいです(苦笑)

「咳」で診察中に、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが

ご了承ください・・・。

 

今回は、夏バテの対処、予防について考えていけたいと思います。

 

前回のおさらいになりますが、

 

「夏バテ」の原因は大きく3つ、

①室内外の温度差による自律神経の乱れ

②高温多湿による発汗の異常

③熱帯夜による睡眠不足

 

そして、具体的な症状としては、

身体の疲労や倦怠感、食欲不振、不眠などです。

症状が悪化すると、無気力やイライラなどの症状を

引き起こす場合もあります。

 

「夏バテ」の基本的な予防、対処法は

「疲労回復」です。

 

日常生活でできる予防としては、

①栄養価の高い食品や旬の野菜をふんだんに取り入れることをお勧めします。

 

よく、暑気払いで、土用丑の日に「ウナギ」を食べる習慣がありますが、

ウナギには、疲労回復に欠かせないビタミンB、B2、B6 や

体の免疫力を高めるビタミンAが非常に豊富に含まれています。

 

豚肉にもビタミンB1が豊富に含まれており、

タンパク質も取れます。

また、ビタミンB1は水溶性のビタミンなので煮込むと

水に流れてしまうので、「焼き」系の調理がおすすめです。

ビタミンB1をよりよくの吸収するために、

「アリシン」が含まれている玉ねぎ、にら、ニンニクと一緒に

とることがおすすめです。

 

また、夏野菜も、トマトやキュウリなど、

水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多いです。

カリウムは、水分を保つ働きや筋肉の収縮を調整する働きがあります。

そのため、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれることが

期待できます。

 

②しっかりと睡眠をとる

なるべく早めに24時前には睡眠をとり、疲れをため込まないようにしましょう。

冷房も冷えすぎない程度にしたり、寝やすい環境をつくることで、

深い眠りをとっていきましょう。

 

③室内が冷えすぎないようにする。

室内外での温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。

直接エアコンの風が当たらないようにしたり、

上着や、長ズボンで履くなどで、身体が冷えすぎないようにしましょう。

 

 

 

夏バテになった時の対処方ですが、

 

しっかり寝て、栄養を取り

疲労回復することは同じです。

 

ただ、食欲不振になり、食事が入らない場合は

ビタミンB群のサプリや栄養食品等を活用して

疲労回復を図ってみましょう。

 

場合によっては、仕事を休んで

しっかり休養を取ることも大事です。

・・・なかなか難しいですが・・・。

 

また、夏バテの症状が長引き、

夏カゼなどの症状などが出てくる場合は

免疫力が低下して、重い病気が隠れていることもあるので

病院を受診してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2018年08月01日
佐賀

こんにちは、受付 光延です。

 

毎日暑い日が続きますね。

水分、塩分などこまめに摂らないと熱中症や脱水症状になってしまうので、気を付けています。

 

先日、祖母たちとともに佐賀の多久まで行ってきました。

今回は唐津方面から行くルート。

途中で海を見ながら、祖母と昔の思い出を話したりしているうちに唐津へ到着。

時間もお昼時で、唐津うまかもん市でカレーを食べました!!

並盛、大盛、特盛すべて金額は650円一律!!

さすがに特盛は食べきれないので並盛に。

 

お腹もいっぱいになったところで多久へ向かい、暑い中お寺巡り。

 

 

青々とした自然いっぱいの風景。

地元では見られない景色です…。

 

 

帰りは厳木の道の駅へ寄り道。

佐用姫さんの像を見てから岐路につきました。

この佐用姫さんの像、実は動くんですww

行ったときには背中を向けていたのですが、こちらを向いてくれていたので写真をパシャリ!

 

半日かかりましたが、無事福岡に帰り着いたころにはへとへとでしたww

2018年07月30日
えぶりお 西3兄弟で

西です

 

下大利ブログからの続きです

 

先日 西3兄弟で渡邉通り「えぶりお」に行きました

 

 

下大利ブログでは高級店・・・・な感じはありましたが

あれ(牛タン)だけです

あとは良心的な値段設定のお店です

まずは名物のお通しです

8種類のお通しです

これで3人分です

これも名物のアスパラです

チーズの塩分だけの塩味となっております

絶妙です

このポテサラも間違いない美味しさです

 

どれもこれも美味しかったんですが

 

今回 大当たりはコレ!!!

コーンのから揚げです

先日他店のてんぷら専門店でも食しましたが旬なのかな?

歯ざわりも その味も最高です

 

「えぶりお」さん ごちそうさまでした。

 

ちなみに

これが下大利ブログで話題のww 高級牛タンです

2018年07月27日
夏バテ(原因 編)

こんにちは。

二日市院長の岩田です。

 

暑い日が続いて、嫌になっちゃいますね(苦笑)。

夏バテになりやすい時期になりましたので、

みなさん体調にはお気を付けください。

 

「夏バテ」って、どういうことで起こるのでしょう。

「暑さ」による体調不良を総じて、

僕たちは「夏バテ」といいます。

特に医学的な定義はありません。

 

具体的な症状としては、

身体の疲労や倦怠感、食欲不振、不眠などがあります。

症状が悪化すると、無気力やイライラなどの症状を

引き起こす場合もあります。

 

「夏バテ」の原因は大きく3つ、

①室内外の温度差による自律神経の乱れ

②高温多湿による発汗の異常

③熱帯夜による睡眠不足

と考えられています。

 

①室内外の温度差による自律神経の乱れ

暑い外から、エアコンの効いた室内に入ると、

涼しく、気持ちよく感じますが、

実は体力を消耗してしまいます。

また、身体はこの急激な温度差にびっくりします。

外と内の温度差が5℃以上あると、

身体はストレスと感じ、自律神経が乱れ、

胃腸の不調や、倦怠感となり、場合によっては

食欲不振を引き起こします。

 

②高温多湿による発汗の異常

湿気が多いと、汗をかいても蒸発しにくく、

汗がでるの汗腺の出口も詰まりやすくなり、

汗を出すことが難しくなりことがあります。

そうすると、体温調節がうまくいかなくなります。

また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、

身体の水分や塩分などミネラル分が不足気味になります。

 

③熱帯夜による睡眠不足

「暑さ」により、寝つきが悪くなったり、

眠りが浅くなって睡眠不足になることがあります。

日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まってしまいます。

 

次回は、夏バテの対処、予防について考えていきたいと思います。

2018年07月25日
熱中症対策

こんにちは、二日市院長の岩田です。

梅雨も明け、猛暑の日々が続いていますね。

35度を超える暑さとなるので、

熱中症にならないよう、

みなさん、水分補給を休憩をこまめに取りながら

過ごされてください。

 

熱中症はどうして起こるか?

 

暑い場所で長時間過ごしていると、

身体に熱がこもってしまいます。

 

熱がこもると、

身体は熱を外に逃がそうとして

汗をかきます。

また、皮膚の血管を拡げて

体温を下げようとします。

 

普段はこれでうまく体温調整出来ているのですが、

 

過度に熱がこもりすぎると

多量の汗に加えて、

末梢の血管に血液が流れ過ぎて

全身を巡る血液の量が減ってしまい

その結果、血圧が下がったり、

脳への血流が減少してしまいます。

 

その結果、めまいや立ち眩み

場合によっては失神(一過性)などの

症状が起こってきます。

 

また、全身の倦怠感、吐き気・嘔吐、頭痛などの

症状も出てくる場合があります。

 

 

特にご高齢の方は暑さに気づきにくかったり、

子供の方は体温調整機能が十分でないことが多く、

注意が必要です。

 

上記の症状を認めた場合は、

 

①早急に、安全で涼しい場所に移動しましょう。

 

症状が悪化しないよう移動しましょう。

意識がもうろうとしている場合は

迷わず助けを呼びましょう。

 

②血圧を保つ体勢にしましょう。

 

横になって足を少し高くして

心臓に血流が戻ってくるようにしましょう。

 

③身体を冷やしましょう。

 

保冷剤やペットボトルなどをタオルなどに巻いて

首や脇の下、足の付け根などを冷やすと効果的です。

 

④水分補給をしましょう。

 

汗も多量に出ているので、

スポーツドリンクや少し塩気のある水を作って

塩分を補給すると効果的です。

 

熱中症はニュースでも流れているように

状態によっては、死に至る場合もあります。

 

猛暑の時期なので、

身体には、気を付けながら

お過ごしください。

2018年07月18日
肉肉肉!

 

 

こんにちは、スタッフ高木です

 

最近暑い日が続きますね…熱中症にお気を付けください

 

先日行ってみたかったお店に行きました

場所は肉の雷橋です

 

いろんなお肉の盛り合わせを店員さんが目の前で焼いてくれます

 

一番おいしい瞬間を出してもらえます(´ρ`)

最高ですね(´ρ`)

 

 

これは牛のハツです

他にもホルモンやら豚やら・・・たーくさん食べました

お腹いっぱい食べましたがとってもリーズナブルでした☺素敵…

炉端焼きのお店ってなんとなく好きです☺(笑)

 

いつもどおり食べログでした(/・ω・)/(笑)

2018年07月15日
西日本豪雨

こんにちは、二日市院長の岩田です。

 

西日本豪雨、大丈夫だったでしょうか?

平成30年7月6日は、車で通勤していたのですが、

二日市分院スタッフさんを自宅近くまで送って

帰宅したのですが、川の水位が上がったり、一部氾濫もあり

交通規制や渋滞で、自宅に帰り着いたは24時過ぎでした。

大雨の中、子供や妻は、実家の避難所の方に移るなど、

いろいろな心配や、不安な想いの連続でした。

 

自然の脅威に、人間は無力なのだなと再認識させられました。

被害に圧倒され、本当に言葉になりません。

 

被災でお亡くなりになられた方々のご冥福と

被災に合われた方々のご無事、

これ以上の被害がおこらないことを

こころより、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

2018年07月11日