医師紹介
二日市 にしこころの診療所
私たちスタッフ一同でチームとなり、皆さまの「こころ」に寄り添いながらサポートいたします。

院長ごあいさつ

初めまして。この度、二日市にしこころの診療所の院長に就任しました永田晃章(ながたてるあき)と申します。
自分の目指す医師像として、患者さんとコミュニケーションをしっかり取り、患者さんの気持ちになって考えることのできる、温かみのある精神科医を目標としています。患者さんの悩みや苦しみをしっかりと受け止める『安全基地』となり、休息ののち、患者さんが前よりも強く歩みを進めていけるような、そんな存在を目指しています。
これからも、自分が精神科医を志した時の気持ちを核に、日々から学び、水準高くそして思いやりや真心のある精神医療を患者さんに提供したいと思います。
一日でも早く、笑顔で元気な暮らしができるようお手伝いさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。
院長 永田 晃章
院長 永田 晃章
プロフィール
福岡県大野城市の山のふもと、川や池、森、田んぼ、自然がいっぱいの田舎町で生まれ育ちました。小さい頃から落ち着きがなく、いたずら好きでじっとしているのが苦手な少年でした。友達をたくさん誘っては、日が沈むまで遊びまわる活発な少年時代を送りました。
優しく時に厳しい父、天然だけど博学でおおらかな母、お笑い好きの明るい兄、弟にとても甘い優しい姉の5人家族の下で育ち、家族団らんや家族の時間を大切にする、感情と愛情豊かな安心感のある家庭で幼少期を送りました。小学校4年頃から、塾に通い始め、持ち前の負けず嫌いと集中力、好奇心の強さを武器に、少しずつ成績もあがりました。受験前、塾から帰ると蕁麻疹が腹部に現れるという謎の病気にかかりながらも、なんとか久留米附設中学校に入学しました。中高一貫の男子校で、勉強や読書、サッカー、ギターに打ち込み、汗臭くてあんまり色気の無い学校生活を過ごしました。学校生活を送る中で、悩んでいる友人が悩みを打ち明けてくれた時、話を聞くことで元気になってくれた時の喜びや感動が、後に精神科医を志そうと思った動機へとも繋がっていきます。
中学、高校生の頃の僕は、とても多感で傷つきやすく、ネガティブに悩んでばかりで、誰にも相談せず一人で抱え込んでしまう性格でした。そのため、友人との人間関係などで大きなストレスがかかると、なかなか自分で処理ができず、ずる休みをして家でのんびりすることで心を保つような、どこか不安定な情緒を持っていました。両親はそれに気付いていたのかどうかはわかりませんが、無理に学校に行かせようとはせず、いつも優しく見守ってくれていました。
そして、高校三年生の春、大好きだった祖母を亡くしたのち、とうとう一人では抱え切れず精神的な体調を崩しました。よく眠れず、心が晴れない状態が続き、祖母との思い出がフラッシュバックし、急に涙が溢れ不安感に襲われるなど様々な症状に見舞われ、家族とも話しその年の大学受験を断念しました。
その後、1人では抱えきれない悩みや心の傷を、少しずつ周囲に話せるようになり、家族や友人、様々な人に支えられ、ようやく心を持ち直すことができました。
その出来事を通して、本当の意味で心を癒してくれるのは、『心の繋がり』であるのだと実感し、その繋がりは自分自身の心をこれまで以上に強くしてくれた、という大きな経験を得ることができました。本当に困った時、決して見離さず、いつでも自分を支えてくれる存在がいるという安心感が、それまで僕の中にあった心のグラグラをしっかりとしたものに変えてくれたのだと今も実感しています。
そこから、自分の将来についてもう一度じっくりと考え、悩みました。そして自分自身の経験から、自分と同じような心に傷を負い、誰かの助けを必要としている人のために働きたい!と考え、高校3年生の時に精神科医になることを決断しました。
両親には、土下座し、進路を変更すること、自分が本当に精神科医になりたいという思い、できるだけお金のかからないような浪人生活を送ることを伝えました。そして、両親からは「あなたの人生だから、自由に進んだらいい。お金の工面はなんとかするから、夢に向かって頑張りなさい。」と言ってくれました。
そこから、習っていなかった教科を一から勉強し直し、週1回授業料の安い個別指導の塾(たまたま九大生の方がバイトをしていて、レベルの高いご指導を受けることができました)へ通い、それ以外は自宅に篭り、一日中問題集を解きまくるという2年間の浪人生活を経て、久留米大学医学部へ合格することができました。
大学に入っても気を抜かず、モチベーションを保ち、しっかりとした医師になれるよう医学の勉強を熱心に頑張り、奨学金も取得、大学最後の全国模試では学年2位の成績を取り、そのまま医師国家試験にも無事合格しました。
大学卒業後、久留米大学病院での2年間の初期臨床研修を経て、とことん臨床力を磨きたいという思いから、様々な精神科患者さんを24時間体制で受け入れている精神科救急病院「のぞえ総合心療病院」へ就職することに決めました。この病院は、アメリカのメニンガークリニックという精神科病院が実践していた『治療共同体』という治療システムを取り入れ、グループセラピーをうまく活用しながら患者さんの積極的な治療参加を促し、患者さんの健康的な心を刺激して治療を行っていくという病院でした。そして、多職種が密な連携を図り、患者さんを心理・社会・生物学的にあらゆる方面から社会復帰を支援するという、まさに精神医療としては理想的な医療を実現している病院でした。
在職中、統合失調症、うつ病、躁うつ病、不眠症、神経症(ストレスが関与して様々な症状が生じる疾患)、PTSD、社交不安障害、全般性不安障害、パニック障害、強迫性障害、解離性障害、精神遅滞、人格障害、摂食障害、アルコールや覚醒剤依存症、ギャンブル依存症、ゲームネット依存症、こどもの心の医療(発達障害、愛着障害、ADHD、被虐待児童、ひきこもり、うつなど)、老年期医療(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、うつ、身体症状症など)と言った、本当に様々な疾患の患者さんを、軽度から最重度まで、入院から外来医療にかけて幅広く受け持たせていただきました。
また、睡眠医療に関しても興味があったため、企画書を自ら提出し、新しく「スリープグループ」という不眠症の患者さんを対象にしたグループセラピーを立ち上げ、たくさんの患者さんに喜んでいただきました。
それぞれの疾患についての専門的な勉強だけに留まることなく、精神分析、対象関係理論、愛着理論、集団精神療法、認知行動療法なども幅広く学び、そして堀川公平院長、故・堀川百合子副院長、坂口信貴先生、白石潔先生、連理貴司先生、吉島秀和先生ら、まさに臨床バリバリの『本物の精神科医』の方々から、定期的なスーパービジョンや指導体制の下、みっちりと精神科医としての素養、そして精神科医としてあるべき「構え」を学ばせていただきました。
クリニック診療も学びたいと考え、縁あって1年程前よりにしこころの診療所へ非常勤で勤務していた矢先、この度西先生から新しいクリニックの院長としてのお誘いを受け、お引き受けさせていただくことに決めました。
経歴
久留米大学医学部卒業
久留米大学病院 初期臨床研修医
医療法人コミュノテ風と虹 のぞえ総合心療病院
資格
日本精神神経学会専門医
初級睡眠健康指導士
所属学会
日本精神神経学会
日本精神分析学会
日本集団精神療法学会
日本児童青年精神医学会
日本睡眠学会

理事長 西 健

精神科・心療内科とは『心』の治療をする科と考えて良いと思います。そして『心』は医学的には『脳』にあります。
『脳』に『心』があるのは間違いないでしょう。でも・・医学的ではないですが胸のあたりに『こころ』という架空の臓器がないでしょうか?私はあると思ってます。私にとってそれは『心』ではなく『こころ』と平仮名のイメージです。
医学的には物を考えるのは『脳』です。精神科薬は全て『脳』=『心』に作用する薬です。精神科薬は『心』に作用するといってもいいと思います。この部分に関しては診療内容として詳しく説明しています。
しかし胸の辺りにある『こころ』には薬は効きません。『こころ』の病気の場合はご本人の環境を改善したり、考え方を変えていただいたり・・が必要です。これは病気・・・ではないかもしれません。ご本人の性格・性質・個性であったりもします。ただ・・・ご本人が困っているため改善が必要というだけかもしれません。
また『こころ』の治療は主治医との相性がキモとなる部分です。
疾患によっては『心』の治療が主となるものもあります。でも疾患によっては『こころ』の治療が主となる場合もあります。
医学的に重症なのは『心』の病気なのですが治りにくいのは『こころ』の病気・・『こころ』の不調です。
精神科医として『心』の治療(薬物療法)ができるのは当然です。むしろ医師免許が必要なのはこの部分のみと言っても良いでしょう。
しかし人間には『こころ』があると思います。『こころ』をも改善できる診療所になることを目指して【こころの診療所】と名づけました。
理事長 西 健
理事長 西 健

プロフィール

学歴
1993年4月
大阪大学工学部入学
1996年3月
同 退学
1996年4月
和歌山県立医科大学 医学部医学科入学
2002年3月 同 卒業
職歴
2004年4月 和歌山県立こころの医療センター 精神科勤務
2007年3月
同 退職
2007年4月
牧和会 牧病院 精神科勤務
2014年10月 同 退職
2014年11月 にしこころの診療所 開業
現在に至る
資格
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本医師会認定産業医
理事長 西 健
大阪生まれの大阪育ちです。大阪といっても南のほうの岸和田市の更に南の貝塚市って所で幼少期を過ごしました。
実は兄がいたのですが僕が生まれる前に腸重積で亡くなってます。親は次の子は健康になるようにと「健」と言う名を私につけたそうです。ところが名前に反して本当に身体の弱い子供でした。すぐに高熱を出して熱性けいれんを起こして小児科に救急搬送・・・そんな子供でした。母によると年に何回もけいれんを起こしたようです。小学校に入ってからは熱性けいれんは少なくなったものの、お腹を下したり熱を出したりで学校を1週間以上も休むことの多い子供でした。そんな苦しい自分を助けてくれる場所が病院でした。薬や注射も自分を楽にしてくれるものと考えてましたので大好きでした。いきつけの小児科の先生は無愛想なハゲ頭の先生でしたがカッコ良く見えたものでした。だからでしょうか小学校の卒業アルバムにはなりたい職業に「お医者さん」と書いています。
その後、興味は医学とは全くかけ離れます。中学校卒業文集のなりたいものには「漫画家」と書いてあります。「ロック歌手」「バイク屋」なんかも目指していました。
高校は楽しく過ごしましたが勉強は全くしませんでした。その頃の彼女が医学部を目指していたのでなんとなく自分も医学部もいいかなぁと思っていました。
しかし高校を卒業し、浪人して大学に入学しましたが医学部ではなく工学部でした。なんとなく理系が得意だったからという理由で選んだ学部でしたが、今思えば医学部の授業よりも面白かったと思います。建築系だったのですが建築士はもしかしたら医者より向いていたのでは?と今でも思うことがあります。
ところが人生分からないもんです。工学部での親友が医学部の再受験を考えていたこと、かわいがってくれた先生が医学博士であったことなどから工学部にいながらにして医学部への進学意欲が高まりました。
卒業の単位も取ってあとは卒論だけとなってました。バブルの最後の方なので就職も何の苦労もなく教授の推薦してくれた大手企業に決まってました。とんとん拍子ではあったものの、なんとなくこのまま社会人になるのは違うなって思ってました。
この頃はバイトで予備校の講師をしたり家庭教師をしていたので受験能力は大学入学時より格段に高くなっていました。人に教えると学力は高まるものです。
そこで試しに医学部を受験!!・・・これは落ちました(笑)。そして後期で他大学の医学部を受験したら・・・合格してしまいましたので医学部入学となりました。
就職も決まって、卒業単位もそろえていたのを全て蹴っての再入学です。親は大激怒しました。
最初は脳神経外科医に興味を持って医学部に入学しました。医学部は6年あるのですが5年生の病院実習で「脳外科は手術も長引くし、夜間もいつ呼び出されてもおかしくない」と話す脳外科医の言葉で脳外科医を断念しました。
幼い頃、母の帰りが遅いのが寂しくてたまりませんでした。今の父と再婚するまでは母が一人で私と弟を育ててくれてました。だから帰りが遅くなるのは仕方なかったのだと思います。でも寂しかったのは事実です。この頃はまだ結婚もしていませんでしたが、家庭を犠牲にしたくないとの思いから脳外科医を断念しました。
卒業して医師になると研修医としていくつかの科を研修します。脳外科医を断念し、興味のある科もなかったので本当に適当な理由で選んだのが精神科でした。
適当な理由で選んだ科からのスタートでしたが精神科の教科書を見て驚きました。おそらくどの科よりも複雑で難しい内容だったからです。理由は簡単・・・精神ってものがまだまだ分かってない(現在でも)からです。
また、わずかに分かりはじめている部分は「脳」の部分です。脳外科医を目指していた自分の興味とも合致してました。半年間の精神科研修でした。その次には一般救急内科を研修しましたが内科を「精神科」的に診る自分がいました。この時点で「自分は精神科医になるんやな」と思ってました。そして皮膚科や救急科を研修したあと精神科医として「和歌山県立こころの医療センター」に配属されました。
「こころの医療センター」名前こそソフトですがかなりハードな病院です。和歌山県の精神科救急の中心的な病院です。大暴れして民間病院では対応できない患者様はこの病院に集まってきます。急性期病棟はスタッフ全員が体格の良い男性のみということからもそのハードさが分かっていただけるかと思います。研修が終わったばかりの医師3年目で突然このようなハードな病院への配置は苦しかったですが、今の自分を作ってくれた場所だと思ってます。そのためか3年しか勤務してませんがその数倍勤務していたような気がしています。クリニックの名前の「こころ」はこの病院名から(勝手に)いただきました(笑)。
そして訳あって何の縁もない福岡で勤務することになりました。ここらへんは話が長くなるので診察の合間にお尋ねください。
選んだ勤務先は民間精神科病院の「牧病院」、地域の認知症センターです。先の「こころの医療センター」ではハードな患者様は多数診てきましたが高齢者の認知症はほとんど診たことがありませんでした。牧病院では高齢者との関わり方を学ばせていただきました。随分と居心地の良い、働きやすい病院でした。気づけば7年6ヶ月と長期勤務になっていました。
その数年前から、自分は入院業務より外来業務が向いていると感じ始めました。しかし、病院は入院業務が主で、外来業務は週2回午前中のみでした。患者様も増えてパンク状態で、待ち時間が2時間を超えることもありました。そこで40歳も過ぎて「踏み出すなら今だ」と思い、毎日が外来業務であるクリニック開業に踏み出すこととしました。